一重から二重へ

一重から二重へ

20年間我慢してきた一重です。
あと2ヶ月くらい、まだ我慢できるはずです。
私は美容整形のために、10万円を貯めることにしました。
学業に影響の出ない範囲でバイトに精を出さねばなりません。
何と言っても、学費などの全ては親が出してくれているので、学業を疎かにして良心を裏切るようなことだけは出来ませんよね。
私は美容整形のために、求人誌を見ました。
高校生のときと違い、バイト選びも楽になりました。

高校生のときには、平日の午後か週末しかバイトに入れないため、受け入れてくれるバイト先は少なかったです。
しかし大学生にもなると時間に余裕が出来るので、バイト先の選択も自然広がります。
私は時給800円のクリーニング受付をすることにしました。
家から近いですし、仕事内容も簡単そうです。

時給も高くはありませんが、高校生のときの750円を思えば良いほうです。
私はさっそく、美容整形のためにバイトすべく、クリーニング店に電話をして、面接をしてもらえました。
結果は見事採用で、すぐに仕事にとりかかることとなります。
ただ、クリーニング受付は思っていたよりも難しい仕事でした。
生地のことをしっかり覚えないとお客様から正しい料金が請求できませんし、

汚れ具合を判断出来ねば落とせる汚れも落とせない結果になります。
最初は失敗の多い仕事で、私はめげてすぐにやめたくなりました。
しかし、このバイトをやめればまた新しいバイト探しをしなければなりませんし、その時間だけ美容整形が遠ざかっていきます。
ただただ美容整形で本物の二重になりたいために、私は慣れない仕事を頑張りました。
最初は嫌で仕方なかったバイトですが、1ヶ月もするころにはかなり慣れてきて、スムーズに仕事をこなせるようになっていました。
月6万円程度稼げていたので、予定通り2ヶ月で10万円を貯めることが出来ました。
これでとうとう、待ちに待った美容整形が出来て、私は本物の二重に生まれ変わることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です